忍者ブログ

泣いた映画

日刊大衆

■人生で一番泣いた映画ランキング
第1位:『タイタニック』(1997年・アメリカ)
第2位:『火垂るの墓』(1988年・日本)
第3位:『アルマゲドン』(1998年・アメリカ)
第3位:『ショーシャンクの空に』(1994年・アメリカ)
第4位:『君の名は。』(2016年・日本)
第4位:『グリーンマイル』(1999年・アメリカ)
第4位:『ローマの休日』(1953年・アメリカ)
第5位:『永遠の0』(2013年・日本)
第5位:『いま、会いにいきます』(2004年・日本)
第5位:『世界の中心で、愛を叫ぶ』(2004年・日本)

(10~60代までの各世代の男女100人)



タイタニックは楽団のシーンは好きだが泣けない
火垂るは兄ちゃんがアレすぎて気分悪い
アルマゲドンはスティーヴン・ブシェミが借金まみれで泣ける
ショーシャンクは脚本素晴らしいが泣けない
君の名は面白かったけど泣けない
グリーンマイルも。
ローマの休日も。
永遠のといま、と世界のは省略。




マイク・ワゾウスキーがジェームズ・サリバンにボロボロのドアのシーンでも泣ける
トム・ハンクスがウィルソーーンと別れるシーンでも泣ける
最近だとよりもいで南極が母のパソコンのメールでも泣ける
それくらい涙もろいのだが上記の映画では泣けなかった。

なんだろう
そんなに真剣に映画を見なくなってしまったのだろうか。
例えば子供の頃見た南極物語やETでも泣けた。
チャンプとかでも泣けた。
でもゴーストは無理。ダンサーインザダークも無理。
ニュー・シネマ・パラダイスは泣けるが
ライフイズビューティフルは無理。

多分、事前情報として「泣ける」とか謳われるともう泣けない。
今まで泣いた映画は殆どが「何も知らず」に見た映画
天の邪鬼と言ってしまえばそれまでだが
「泣ける」と言われても身構えてしまう。
ヘタすると見もしない。
だからアクション映画とかSF映画としての括りとしての作品で
ちょっとした勇気や別れで泣いてしまう。
不意打ちで。

あと基本的に胸糞悪い死に方をさせる感動の押し売りがダメ。
殺せばイイってもんじゃない。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

プロフィール

HN:
カナミチ ノニ
性別:
男性
自己紹介:
連絡事項ありましたら
記事内容問わずコメント残してください。
(記事のタイトルをクリック)
折り返し連絡いたします。

「ノト俳句」
黒猫の「ノト」(♀)による俳句の投稿。



↓ 個人の検索用に置いてあります
  アフィリエイトになってます
  ので注意してください。

amazon

最新コメント

ブログ内検索

コガネモチ