忍者ブログ

証拠品として餃子を押収された

変な夢を見た

自宅台所で餃子を作っているとCSI(ベガス)が乗り込んで来た。
ニックがあの軽い感じで「はいはいベカス署ですよー。」
「主任(しゅにーん)これですねー。」
と焼き立ての餃子の写真を撮る。
グリッソム「よし。ラボへ持ち帰るぞ。」
場面変わりラボ。
グレッグ「また僕にこんな役押し付けて。」
と、ウチにあったキッチンタイマーを手にカウントを始める。
グリッソム「よし。火をつけろ。」
サラ、ウォリック、キャサリンまで登場して
ラボ内のガスコンロに点火。
上にはフライパン。中には餃子。
そのシーンさえもドラマさながらの演出。
グレッグがキッチンタイマーを見ながら「今です。」
サラが蓋をとる。次いでウォリックもグレックの合図でと、と全員続く。
場面変わりどうやらレストラン
全員テーブル席に座り
焼き立ての餃子がそれぞれ並んでいる。
サラ「主任。どうして餃子を焼いたんですか?」
グリッソム「私が食べたかっただけだ。」
暗転
ジェリー・ブラッカイマーの文字

で目が覚めた。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

プロフィール

HN:
カナミチ ノニ
性別:
男性
自己紹介:
連絡事項ありましたら
記事内容問わずコメント残してください。
(記事のタイトルをクリック)
折り返し連絡いたします。

「ノト俳句」
黒猫の「ノト」(♀)による俳句の投稿。



↓ 個人の検索用に置いてあります
  アフィリエイトになってます
  ので注意してください。

amazon

最新コメント

ブログ内検索

コガネモチ