忍者ブログ

経過報告の書

なんか経過報告的なアレとかソレとか

ばーどまん あるいは略

バードマン

元ハリウッド俳優(ヒーロー者)が舞台役者として
名声を得たい。

だけの話を映画と舞台の対比を軸に作り上げている。

長回しは舞台的であり
超能力やバードマンは映画的であったり。

ドラムの音が支配するが
「ミュージック」と言うと映画的な音楽

エドワード・ノートンの役が舞台的で
マイケル・キートンの役は映画的

妄想とか空想があると思うと
マリファナを吸う娘が現れる。

突き放すようで融合するような人間関係

舞台批評家とSNS

落ちていく様と飛ぶ様。

イロンナ構図の「対比」がとても心地よい。

ドラマとかコメディであって
ファンタジー。


ラストは「映画的」な音楽が流れていたので
バードマン4に繋がるのかと思いきや
ドラムの音とサイレンの音。
と思うと娘が空を眺めて笑う。




全編、頭を使う必要は無い。
ただただ流れを追い、
自分なりに「何か」を気付く映画。
他人の批評を気にする必要の無い映画。
楽しめたのならそれでいい。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

プロフィール

HN:
カナミチ ノニ
性別:
男性
自己紹介:
連絡事項は適当にブログ内記事にてお願いします。
(記事のタイトルまたはCMをクリック)
御用の向きは折り返し連絡いたします。


↓ 個人の検索用に置いてあります
  アフィリエイトになってます
  ので注意してください。

amazon

最新コメント

[10/22 かなみちのに]
[09/21 木二]

ブログ内検索

コガネモチ