忍者ブログ

経過報告の書

なんか経過報告的なアレとかソレとか

ジュリー&ジュリア

シネマトゥデイによると
すべての女性たちにオススメの応援歌。
だ、そうだ。
そんな予備知識もなく視聴したのだが果たして

A.料理本の制作に取り組む女性ジュリアと
B.その料理本で料理してそれをブログに掲載する女性ジュリー

時代が前後しながら主人公が入れ替わる
Aジュリアを主役捉えた場合
そのレシピ本ができるまでの奮闘記
Bジュリーを主役と捉えた場合
日常の中での挑戦や達成感を描く物語

監督の意図がどうあれ
見る側の感情的にはBが主題になるかと。
現代劇であり現実的であるからなのだが
残念ながらジュリーにたいした困難は起こらない
友人達が出世していたり
彼氏と痴話喧嘩したり
料理が上手く作れなくとも
何の同情心も抱けない。

映画としてならば
Aのジュリアのみの物語だけで充分楽しめる。

1冊のレシピ本を通して
過去と現代の女性の奮闘する姿
的なことなのだろうけど。

んで、
ラスト付近
ジュリアはジュリーに不快感を示す。
そしてそれが何も解決しないまま物語が終わる。
「なにそれ」
だったら言うなよ。と。
恐らく「実際にあったこと」の映画化なのだろうと
その時考えた。

食べ方が汚いだとか
美味しそうな料理があまり描かれていないだとか
まあ難点はあるものの
映画そのものは楽しい。
それはAにおける部分のみ。
いや穿った見方をするならば
ジュリアとジュリーのその奮闘ぶりに
「現代女性に対する警鐘」と言えなくも
それはないか。

監督は何だろうか
「寛容な男を見付けなさい」
的なことが言いたかったのだろうか
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

プロフィール

HN:
カナミチ ノニ
性別:
男性
自己紹介:
連絡事項は適当にブログ内記事にてお願いします。
(記事のタイトルまたはCMをクリック)
御用の向きは折り返し連絡いたします。


↓ 個人の検索用に置いてあります
  アフィリエイトになってます
  ので注意してください。

amazon

最新コメント

[10/22 かなみちのに]
[09/21 木二]

ブログ内検索

コガネモチ